お客様からのFAQ(よくある質問)

上司やお客様にiTextの商用ライセンス取得を了承してもらえず困っています。何かいい方法はないでしょうか?

このような問題に直面した場合は、 [上司を説得するための文面集]をぜひダウンロードしてください(/sites/default/files/attachments/ConvinceLetter.pdf)。この文面がお役に立った場合はぜひ当社までお知らせください。

iTextはなぜ有料なのですか? これはオープン・ソースではないのでしょうか?

「オープン・ソース」と「無料」は同義ではありません。オープン・ソースとは単に、設計が公開されており、自由に変更できるコードのことです。これは開発者にとって大きなメリットです。しかし人の手が加わるものは、往々にして無料ではありません。ソフトウェアを作成、改良するには、必然的に費用がかかります。

iTextのAGPL v3版はどのようなときに使用できますか?

iTextを使用するアプリケーションをリリースする際、そのライセンスがAGPL v3互換ライセンスである場合は、AGPL版のiTextを使用できます。ご不明な点がありましたら、[営業担当者]までお問い合わせください(/Request-A-Quote)。また、AGPLプロジェクトの現状や成果についてもお知らせください。特にユーザー事例は大歓迎です。Affero General Public Licenseの仕様について詳しくは、こちら をご覧ください。

iText 2.x(またはiTextSharp 4.x)を使用すべきでない理由は何ですか?

iText(Sharp) 5以前のバージョンの使用は、技術面からも法的な理由からもお勧めしません。

技術的な理由: MPL/LGPL版のiText(Sharp)は2009年7月にリリースされた製品であり、これまで無数のバグが修正されてきました。さらに、業界標準も進化を遂げてきました。たとえば、バージョン5より前のiTextでは、デジタル署名が禁止されている(PAdES標準に準拠)か、廃止予定(ISO-32000-2に準拠)であり、署名付き文書の存続期間の延長は推奨されません。

法的な理由: 旧バージョンのiText(無料モデル)には、他の利用者の著作権や知的財産権を侵害する部分コードが含まれている可能性があります。iText Software Groupはバージョン5.1以降、多額の投資をかけて、該当するコードをすべて識別し、排除いたしました。これは、有料の商用バージョンが設けられた理由の1つでもあります。著作権侵害またはIP侵害の責任を回避するためにも、商用プロジェクトに5.1より前のバージョンを使用することはお勧めしません。

iTextの各バージョンの違いは何ですか?

iText 2.xとiText 5.xの[機能比較]をご覧ください。(/2-vs-5) 各バージョンの相違点が一目瞭然です。

iText 2.xは有料でしょうか?

いいえ、無料です。ただし、[アプリケーションの品質保持]には費用がかかります。(/2-vs-5)たとえば、バージョン5.xでは、コードのクリーンナップ、バグ修正、セキュリティ、暗号化、署名に関する問題の解決が大規模に行われました。最も重要な点は、iText 5.x以降では当社がiTextコードを100%所有している点です。これにより御社や御社のお客様に法的な負担がかかることはありません。

さらに、iText 5より前のバージョンはすでにサポート対象外であり、メンテナンスも行われません。これらの旧バージョンは、公式ダウンロード・サイトからはすでに削除されています(つまり、非公式サイトからしか入手できません)。旧バージョンをダウンロードする際には十分ご注意願います。旧バージョンには、文書化されている動作とは異なる動作をするコードが含まれている可能性があり、有害であるおそれがあります。iTextは、非公式バージョンのiTextまたはiTextSharpの使用に起因する問題には一切対処いたしません。iText 2.xを使用するためにライセンス購入は不要ですが、導入については改めて見直していただくことをお勧めいたします。

サポートとアップデートが有料なのはなぜですか?

お客様のうち95%が、iTextのアップデートとサポートに関する合意を更新してくださっています。アップデートとサポートに関する合意を毎年延長していただくと、万が一iTextに問題が発生した場合でも心配無用です。サポート・システムに直接アクセスしたり、開発者に直接問い合わせたりすることで、安全に対処できます。

アップデートとサポートに関する合意は、利用開始後1年間は必須です。アップデートとサポートに関する合意について詳しくは、[こちら]をご覧ください(/support)。

当社は今後も自社製品の開発や文書化に投資を惜しまず、最新かつ最速のソフトウェアを作成していきます。最新バージョンのiTextなら、その新機能、拡張機能、およびサポートから、多大なメリットを得ることができます。

インテグレーターの立場から質問があります。オファリングにiTextライセンスを含めなければならない理由は何でしょうか?

インテグレーターとしてiTextをご利用の場合:

  • 御社だけでなく、御社のお客様にも、数量依存の価格設定(OEM)にメリットがある

  • iText SoftwareのPDF専門家に直接問い合わせて、開発者に正しい意思決定を促すことができる

  • iText Softwareが技術的な変更を加える際に、それまで寄せられた機能変更リクエストを考慮する

  • iText Softwareから、今後の統合に関する情報を得ることができる

iText Softwareはソフトウェア発行者です。付加価値再販業者としてiTextの知識を習得し、実装される場合、その実装部分はiTextに帰属しません。ただし当社では、当社とビジネス関係を結んでいるインテグレーターとのお取り引きを各社に推奨しています。