ご利用目的に合った価格モデル

iTextの商用ライセンスをご購入いただくと、クローズソースのアプリケーションを作成できるだけでなく、専用サポートやアップデートをご利用いただけます。ご利用目的やビジネス・モデルに適したさまざまな価格モデルのiTextをご用意しています。iTextはサーバーやデスクトップ・コンピューターにデプロイできるほか、OEMとして分散したり、外部で実行したりすることもできます。各種ライセンスについては下記をご覧ください。

ライセンス・モデル

ユニットベース・ライセンス

本製品のライセンスはすべて永続ライセンスとなります。 iTextソリューションを実行するサーバー、クライアント、またはデバイスの数に応じて、もっとも標準的なライセンス・タイプの価格が計算されます。提示価格をご確認いただき、ぜひ見積もりをご依頼ください。

OEMライセンス

このライセンス・タイプでは、お使いの製品にiTextを組み込むことができます。製品利用者は、アプリケーションで使用可能にされているiText機能のみを使用できます。このライセンスでは、製品のコンテキスト外ではiTextを使用できません。

ボリュームベース・ライセンス

このライセンスは、使用するサーバーの数が不明または未定である場合にご利用ください。このような場合は、アプリケーションで処理するドキュメントの数に基づいて年間使用料が計算されるライセンスをご提供いたします。

メンテナンスとサポート

ユニットベース・ライセンスとOEMライセンスは永続ライセンスであり、表示価格の20%の料金で1年間のサポートをご利用いただけます。サポートの更新も、通常表示価格の20%の料金でご利用いただくことができ、実に95%ものお客様がサポートを毎年更新されています。これは当社の行き届いたサポートの証であると自負しております。ボリューム・ベースのライセンスは年次サブスクリプションであり、サポートが含まれます。

AGPLライセンスとは

無料のライセンス(ただし必ず細則をお読みください)

iText AGPLライセンスは、AGPL「コピーレフト」条件に基づき、アプリケーションのソース・コード全体を無償ソフトウェアとしてオープンソース・コミュニティで共有したいと考えている開発者向けのライセンスです。専用の環境など、クローズ・ソースでiTextを使用する場合は、上記で説明した種類のiText商用ライセンスをご購入いただく必要があります。AGPLライセンスの使用条件の詳細については、こちらをご覧ください。iTextは原則として、オープンソースおよびコミュニティの開発を強く信頼し、AGPLライセンスの不正使用はなされないものとしてお客様に深い信頼を寄せています。ただしAGPLの合意事項に違反した場合、または当社ならびに当社製品に著しい損害を与えた場合は、それに関わる組織または個人に対する訴訟を辞さないものとします。