明瞭な表示でPDFをプログラム

PDFファイルの作成中にエラーが発生した場合、問題が発生した場所を追跡するのは困難です。そのため、iTextはpdfDebugアドオンを開発しました。これにより、PDFファイルの内部のコンテンツ構造やコンテンツ・ストリームを表示し、文書を論理的に閲覧することができます。非常に実用的なツールで、現在のところ唯一の存在です。

iText 7 pdfDebug: 主要な利点

  • 世界で唯一のPDFプログラミング・デバッグ・ツール

  • 独自の開発環境への統合

  • バグの短時間の捕捉、修正による時間の節約

  • 文書の内部ロジックや構造を反映

開発ツールへの統合

pdfDebugの最も顕著な機能は、統合開発環境にシームレスに統合できることです。明瞭なデバッグの概要表示で、コンテンツ・ストリームまたはデータ構造内のバグをすばやく発見し、修正することができます。ソースで直接作業することができるので、時間と手間のかかる検索は必要ありません。

構造の力

pdfDebugを使用すると、iText 7でPDFを作成することの利点が明らかになります。多くの一般的なPDFツールでは「平坦」なPDFファイルのみを作成できますが、iText 7ではリッチ・コンテンツやメタデータを埋め込むことができるため、デバッグ・ツールの有用性が増します。明瞭なデバッグの概要表示で、コンテンツ・ストリームまたはデータ構造内のバグをすばやく発見し、修正することができます。ソースで直接作業することができるので、時間と手間のかかる検索は必要ありません。

さらに詳しく

iText 7製品スイート
iText 7の製品、機能、アドオンをご覧ください。
ライセンス・モデル
ユニット単位、OEM単位、ボリューム単位、またはAGPLベースなど、ニーズに合ったライセンスをご確認ください。
旧バージョンのiText
まだiText 5またはiText 2をご使用ですか? アップグレードの詳細をご確認、ご検討ください。

実際に使ってみる

デモ版
iText 7を使用して生産性を向上させ、時間を節約する方法を実感してください。(現在準備中)
無料の30日間体験版
iText 7の機能をアプリケーションに統合して、コンセプトを実証してください。
文書
開発者用リソースの宝庫にアクセスしてください。