PDFの機密データを完全に消去

iText Softwareのプログラム可能なライブラリは、多くの場合大量のPDFファイルの生成や編集のために、世界中の企業や組織によって使用されています。最新版のプラットフォームであるiText 7では、pdfSweepを使用してPDF文書から機密情報を削除することができます。

iText 7 pdfSweep: 主要な利点

  • 機密データを完全に削除

  • 墨消し線処理をデジタル化

  • 文書の可読性を維持

情報の安全を確保

請求書や明細書など、多くの文書はPDF文書として作成されています。これらの文書には、口座番号、ID番号など、個人に関する機密情報が含まれています。このような情報は、今後その文書を読む人に知られてはならない情報です。個人のアイデンティティや個人情報を安全に保つには、文書から機密情報を削除する必要がありますが、pdfSweepではこれを行うことができます。

さっそくデータの消去を開始しましょう。

pdfSweepを使用すると、PDFから機密情報を含むコンテンツを完全に消去することができます。これは、可視文書からテキストを削除するのに加えて、文字、単語、画像へのあらゆるリンクを削除することによって行われます。これにより、文書の可読性を維持しながら機密領域を完全に削除することができます。文書の「掃除」が終わったら、その文書を平坦化してロックすることができ、デジタル墨消し線を簡単に使用できます。

さらに詳しく

iText 7製品スイート

iText 7の製品、機能、アドオンについての詳細をご覧ください。


ライセンス・モデル

ユニット単位、OEM単位、ボリューム単位、またはAGPLベースなど、ニーズに合ったライセンスをご確認ください。


旧バージョンのiText

まだiText 5やiText 2をご使用ですか? アップグレードの詳細を確認し、アップグレードをご検討ください。


実際に使ってみる

デモ版

iText 7による生産性の向上と、時間の節約を実感してください。(現在準備中)


30日間の無料体験版

iText 7の機能をアプリケーションに統合して、コンセプトを実証してください。


文書

開発者用リソースの宝庫にアクセスしてください。