FAQ(よくある質問) iText

お客様からのFAQ(よくある質問)

上司やお客様にiTextの商用ライセンス取得を了承してもらえず困っています。何かいい方法はないでしょうか?

このような問題に直面した場合は、上司を説得するための文面集をぜひダウンロードしてください。この文面がお役に立った場合は、ぜひ当社までお知らせください。

iTextはなぜ有料なのですか?これはオープンソースPDFライブラリではないのでしょうか?

「オープンソース」と「無料」は同義ではありません。オープンソースとは単に、設計が公開されていて自由に変更できるコードのことです。これは開発者にとって大きなメリットです。しかし人の手が加わるものは、往々にして無料ではありません。ソフトウェアを作成、改良するには、必然的に費用がかかります。

iTextのAGPL v3版はどのようなときに使用できますか?

iTextを使用するアプリケーションをリリースする際、そのライセンスがAGPL v3互換ライセンスである場合は、AGPL版のiTextを使用できます。ご不明な点がありましたら、 営業担当者までお問い合わせください。また、AGPLプロジェクトの現状や成果についてもお知らせください。特にユーザー事例は大歓迎です。Affero General Public Licenseの仕様について詳しくは、 こちらをご覧ください。

iTextの各バージョンの違いは何ですか?

現在および以前のバージョンのiText PDF間の 機能比較 を参照してください。

サポートとアップデートが有料なのはなぜですか?

お客様のうち95%が、iTextのアップデートとサポートに関する合意を更新してくださっています。アップデートとサポートに関する合意を毎年延長していただくと、万が一iTextに問題が発生した場合に対応が可能です。サポート・システムに直接アクセスしたり、問い合わせを行えることで、安全に対処できます。

アップデートとサポートに関する合意は、利用開始後1年間は必須です。 アップデートとサポートに関する合意について詳しくは、こちらをご覧ください。

当社は今後も自社製品の開発や文書化に投資を惜しまず、最新かつ最速のソフトウェアを作成していきます。最新バージョンのiTextなら、その新機能、拡張機能、およびサポートから、多大なメリットを得ることができます。

インテグレーターの立場から質問があります。オファリングにiTextライセンスを含めなければならない理由は何でしょうか?

インテグレーターとしてiTextをご利用の場合: *御社だけでなく、御社のお客様にも、数量依存の価格設定(OEM)にメリットがある *iText SoftwareのPDF専門家に直接問い合わせて、開発者に正しい意思決定を促すことができる *iText Softwareが技術的な変更を加える際に、それまで寄せられた機能変更リクエストが考慮される *iText Softwareから、今後の統合に関する情報を得ることができる

iText Softwareはソフトウェア発行者です。付加価値再販業者としてiTextの知識を習得し、実装される場合、その実装部分はiTextに帰属しません。ただし当社では、当社とビジネス関係を結んでいるインテグレーターとのお取り引きを各社に推奨しています。