iText 7 Community

iText 7 Communityは、機能面でiText 7 Coreと同じですが、AGPLライセンスでのみ利用可能です。このライセンスに従うことは、通常、AGPL互換ライセンスの下で独自のソース・コードを開示しなければならず、iTextに変更も開示しなければならないことを意味します。さらに、すべてのiText 7アドオンがCommunityバージョンで利用できるわけではなく、プレミアム・サポートも付属していません。

機能とメリット

機能とメリットを展開するには矢印をクリックしてください。

iText 7の概要

主な性能とアップグレードの理由

Text 7は、およそ10年におよぶiText 5開発から得られた経験を基に作られました。 簡易化、性能および拡張可能の点で改善されたライブラリは、今日の文書化ワークフローの高度化した課題に一つのアドオンで同時に対応できるようになっています。

モジュール構造、直観的なAPI

  • 将来的な拡張性。
  • 広範な文書化や例を活用した優しい学習手順。

最新の標準とベスト・プラクティスで時代の最先端

  • ブックマーク、PDF名、PDF文字列、パスワード等のためのUnicode。
  • デジタル署名および文書セキュリティのための最先端のハッシュと暗号化アルゴリズム。
  • 何千ページにも及ぶGB級のファイルや文書をサポート。

カスタマイズおよび拡張可能

  • 拡張・カスタマイズが柔軟にできる、包括的なすぐに使える機能。
  • 簡単な統合およびオープン標準に集中。

iText 7アドオンで機能を拡張することが可能

  • pdfHTML:HTMLをPDFに変換。
  • pdfSweep:PDFからのデータ編集。
  • pdfDebug:PDFのためのリアルタイム・デバッグ。
  • pdfInvoice:XMLおよびPDFの電子請求書に対応。

iText 7 Community

iText 7 Communityの例

1.作成中

テキストと画像で簡単なPDF作成:

        PdfWriter writer = new PdfWriter("output.pdf");
        PdfDocument pdf = new PdfDocument(writer);
        Document document = new Document(pdf);
        Image itext = new Image(ImageDataFactory.create("itext.png")).setWidth(75);
        document.add(new Paragraph().add("Your developer journey with ").add(itext).add(" begins here..."));
        document.close();

出力結果Hello Worldの例

2.更新

既存のPDF文書の操作(例: ウォーターマークの追加):

        PdfDocument pdf = new PdfDocument(new PdfReader("input.pdf"), new PdfWriter("output.pdf"));
        PdfPage firstPage = pdf.getFirstPage();
        PdfCanvas under = new PdfCanvas(firstPage.newContentStreamBefore(), new PdfResources(), pdf);
        Paragraph p = new Paragraph("~~WATERMARK~~").setFontSize(72).setFontColor(Color.RED).setBold();
        float x = firstPage.getPageSize().getWidth() / 2;
        float y = firstPage.getPageSize().getHeight() / 2;
        new Canvas(under, pdf, pdf.getDefaultPageSize())
            .showTextAligned(p, x, y, 1, TextAlignment.CENTER, VerticalAlignment.MIDDLE, (float) (Math.PI / 4));
        pdf.close();

結果の更新ウォーターマークの例

3.解析

既存のPDF文書を解析(例: テキストコンテンツを抽出するため)。上記の入力PDFを使用する:

        PdfDocument pdf = new PdfDocument(new PdfReader("input.pdf"));
        String text = PdfTextExtractor.getTextFromPage(pdf.getPage(1), new LocationTextExtractionStrategy());
        pdf.close();
        System.out.println("Extracted text:");
        System.out.println(text);

Extracted text: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Vivamus vulputate tristique ipsum, nec congue tellus pharetra faucibus. Curabitur nec risus eget eros sodales eleifend id et sapien. Praesent placerat justo eu felis tincidunt mattis. Nam porttitor, nisi vel vestibulum interdum, diam metus commodo nunc, eu porta dolor nisl faucibus ipsum. Integer sit amet sem condimentum, rutrum enim ac, interdum est. Nunc sagittis, nunc sed porta condimentum, ipsum ex euismod massa, eget lacinia lorem ante quis nunc. Donec ut risus congue, sollicitudin mi vitae, ullamcorper mauris. Nullam efficitur maximus turpis, sed congue ex volutpat et. Nam mi mauris, consequat eget lorem non, vehicula rhoncus sapien. Nam et nunc et leo varius [...]


当社のリソースをご覧ください

Tutorial

チュートリアル

Download free trial

ダウンロード

FAQ

コミュニティサポート

Documentation

その他