iText 5 RUPS

iText Coreに構築されたiTextのReading and Updating PDF Syntax(RUPS)により、PDFの構成を詳しく調べることができます。



機能とメリット

  • 内部診断ツールとして、当社のラボで作成された、開発者による開発者のためのツール。

  • 開発者は、PDFファイルのさまざまなオブジェクトやコンテンツ・ストリームについて理解することができ、テストやデバッグ・修正をすばやく行えるようになります。

  • PDFプログラムの検査が容易になりました。

  • PDFの内部ディレクトリ・コンテンツ検査。

  • ファイルサイズの拡大を確認するためのXObjectの検査。

  • PDF構文またはXFA技術の標準化チェック。

  • PDF文書の不具合修正。

iText 5 RUPS

当社のリソースをご覧ください

Tutorial

チュートリアル

Documentation

その他

ぜひiText 7をご検討ください。

iText 5は、アプリケーションにリッチPDF機能を追加するSDKとして世界で最も広く利用され、ドキュメンテーションが整備されているSDKとしての名声をすでに得ていますが、iText 7はさらにその水準を引き上げるものになっています。iText 7は、次の点でiText 5より優れています。

  • 優れたパフォーマンス: 大容量 文書プロジェクトのための最適な技術。
  • 大幅に改善された文書モデル、レイアウト・エンジン、APIにより、PDFプログラムの作成と編集がより容易になりました
  • PDF 2.0をサポートし、将来に対応した技術を採用しています。
  • コンテンツ削除リアルタイム・デバッグ高度なタイポグラフィなどの付加価値機能の拡張電子請求など。