iText 5 XML Worker

iText Coreの基盤の上に構築されたiText XML Workerは、XHTMLコンテンツをPDFに変換し、他のファイル・タイプを中間ステップとしてHTMLに処理することもできます。

機能とメリット

  • HTMLはWeb上で最も多く使用されている形式です。ほとんどの会社では、アーカイブしたいHTMLコンテンツがあります。この場合、PDFが最適な形式です。

  • 国際基準に準拠。

  • セキュリティ、フルコンテンツ、および作成者追跡。

  • すべてのデバイスで同じ表示。

  • 文書内でメモとフィードバックを追加する機能。

  • 簡単で時間がかからない文書ナビゲーション。

XML Worker

ぜひiText 7のご利用をご検討ください。

iText 5は、アプリケーションにリッチPDF機能を追加したSDKとして世界で最も広く利用され、ドキュメンテーションが整備されているSDKとしての名声をすでに得ていますが、iText 7はその水準をさらに引き上げたものになっています。iText 7は、次の点でiText 5より優れています。

  • 優れたパフォーマンス: 大容量の文書プロジェクトのための最適な技術。
  • 大幅に改善された文書モデル、レイアウト エンジン、APIにより、PDFプログラムの作成と編集がより容易になりました。
  • PDF 2.0をサポートし、将来に対応した技術を採用しています。
  • 付加価値機能の拡張。たとえば、コンテンツ削除リアルタイム・デバッグ高度なタイポグラフィ電子請求などの付加価値機能を実現する拡張性。