iText 7 pdfDebug

pdfDebugはお客様のIDEに統合されるiText 7のアドオンで、iTextコードのバグを見つけて修正するのに役立ちます。

機能とメリット

矢印をクリックして機能とメリットについてご確認ください。

pdfDebug

主な機能

開発環境に統合

信頼できるIDEの環境内で作業することができます。現在Eclipse 3.8以降をサポートしています。

PDF文書の内部構造を表示する

PDFオブジェクト構造を簡単にブラウズし、さまざまなオブジェクトとストリームを検査することができます。お客様の進捗や意図せぬ変更をハイライトします。

IDEのデバッグ・フレームワークを活用する

ブレークポイントと段階的な実行により、PDF処理がどこで間違っているのかを特定します。

iText 7 Core/Communityとシームレスに統合

iText 7のデバッグモードを有効にするだけです。

pdfDebug

pdfDebugの例

使用方法

Eclipse MarketplaceからpdfDebugをインストールした後、iText 7でデバッグモードを有効にする必要があります。

PdfWriter writer = new PdfWriter("output.pdf", new WriterProperties().useDebugMode());

デバッグすると、pdfDebugビューでPdfDocumentインスタンスが表示されます。

EclipseのpdfDebug

変更を強調表示する

コードをステップ実行すると、pdfDebugはPDF構造のどの部分が変更されたかを強調表示します。以下の例では、ページ(オブジェクト6)が追加され、/Countおよび/Kidsエントリの変更が行われています。

Eclipseのハイライト付きpdfDebug

当社のリソースをご覧ください

Tutorial

チュートリアル

Blog

ブログ

Documentation

その他


今すぐ無料見積もりを依頼する

iTextのソフトウェア製品に興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

当社営業チームが1営業日以内にお客様のプロジェクトについて打ち合わせし、カスタマイズしたお見積もりを作成するためにご連絡させていただきます。