iText DITOフレームワークの中核

iText DITO® API

iText DITOフレームワークの中核はAPIです。JSONデータとiText DITOテンプレートを合わせてPDFドキュメントを作り、条件付きロジック、計算、フォーマットを処理して生成したファイルを、最終的な場所にドロップするのは、ワーカーエンジンです。

統合されたPDFデザインと生産

iText DITOはローコードPDF生成を目的とした、統合済みコンポーネントフレームワークです。iText DITO EditorとAPIはシームレスに機能します。

 

PDFデザイン
スケーラブルでロブースト

 

 

スケーラブルでロブースト

iText DITOは膨大なボリュームの中でPDFドキュメントを作成するために構成されています。ベンチマークは、自動生成テーブル、データバインディング、計算、そしてビジネススタイルのフォーマットを搭載した、代表的な2ページのトランザクションドキュメントが300ミリ秒以内に生成されるということを示しています。iText DITO APIインスタンスは簡単にデプロイすることができ、ボリュームの想定に対応してスケールアップも可能です。

 

 

ローコード

ワーカーエンジンへのリクエストはローコードで簡単に実行することができ、主に.ditoのテンプレートアーカイブ、JSONファイルと生成されたドキュメントのための目的フォルダを指定します。非常に簡単です。

 

ローコード

 

プラットフォーム依存

 

 

プラットフォーム依存

iText DITO APIは、ネイティブJavaアプリケーションと、プログラミング言語に依存しない、REST APIを搭載したDockerコンテナーの2つの異なるフレーバーで使用することが可能です。

 

 

お問い合わせ

それでも問題が解決しませんか? 

お寄せいただいたご質問には、喜んでお答えいたします。当社へご連絡ください。内容を確認次第、追ってご連絡いたします。

問い合わせる
常に最新情報を得る

11,000人以上の購読者に加わって、iTextの新しい製品、アップデート、ヒント、記述的な解決策や出来事に関する最新情報を得ることでiText PDF専門家になりましょう。

今すぐ購読