pdfDebug

はじめに

iText 7 pdfDebug

pdfDebugはPDFデバッカーで、PDFを検査するのに役立ちます。このPDFパーサーをお使いのIDEに統合すると、iTextコード内にあるバグを発見して修正するのに役立ちます。

メリット

iText 7 pdfDebugを使う理由

バグに悩まされないでください。  

pdfDebug icon svg
バグの発見と修正を容易にする

このアドオンを使用すると、詳細なツリービューを使ってPDFファイルの内部構造をはっきりと確認することができます。パネルのコレクションでは、興味深いPDFのデータ構造を紹介しています。

pdfDebug icon svg
PDFのプログラミング時における検証

pdfDebugは、最終的に欠陥のある出力文書に戻って追跡するのではなく、作成中に部分文書や未完成文書を分析し、さまざまなPDFビューアー(人)とツール(マシン)に アクセスできるようにします。 

pdfDebug icon svg
一部のIDE(統合開発環境)で利用可能

pdfDebugは現在、Eclipse、IntelliJ、NetBeansで利用でき、今後さらに増えてくる予定です。

主な特徴

iText 7 pdfDebugのコア機能

文書処理の命令結果をリアルタイムで見ることができ、万が一問題が起こっている場合は、はっきりと確認することができます。クリーンなツリー構造で文書を可視化することにより、ファイルのオブジェクト、コンポーネント、そしてそれらの関係性を見ることができます。

Core capabilities development icon
開発環境への統合

信頼できるIDE環境で作業ができるようになります。pdfDebugは現在、Eclipse 3.8以降に対応しています。

Core capabilities development icon
IDEのデバッグフレームワークを活用

ブレークポイントと手順を追った実行を利用して、PDF処理で改善する余地がある場所を特定します。

Core capabilities development icon
PDF文書の内部構造を表示

PDFオブジェクト構造を参照して、さまざまなオブジェクトとストリームを調べることができます。ハイライトは、進捗状況と意図しない変更を表示します。

Core capabilities development icon
iText 7 Core/Communityとシームレスに統合

簡単にiText 7のデバックモードを有効にすることができます。

お問い合わせ

それでも問題が解決しませんか? 

お寄せいただいたご質問には、喜んでお答えいたします。当社へご連絡ください。内容を確認次第、追ってご連絡いたします。

問い合わせる
常に最新情報を得る

11,000人以上の購読者に加わって、iTextの新しい製品、アップデート、ヒント、記述的な解決策や出来事に関する最新情報を得ることでiText PDF専門家になりましょう。

今すぐ購読