iTextがPDFドキュメントとデータの安全化と保護のためにどのように機能するか

PDFセキュリティ

iTextを使ってデータを保護し、安全化する。当社のSDK及びアドオンは、ドキュメントとデータを安全に保つための方法をいくつか提供します。

保護と安全化

データを安全に保つ

データが安全化され、守られているかを確認することは大切です。

PDFドキュメントの共有は簡単であっても、それを安全にするシンプルな方法もあります。 承認されたユーザーもしくは編集者とパスワードを使用して情報の共有を行い、必要な規制に準拠することを目的とし機密情報の削除を行う編集や、デジタル署名を使って、拘束力のある契約をシンプルかつ安全なものにするなどの方法が挙げられます。

iTextはドキュメントにおけるセキュリティをカスタマイズする、たくさんの方法を提供します。 - その多くが 当社のiText 7 Coreが提供するものです。

PDFドキュメントがどのように安全化されるか、興味がありますか?当社の ウェビナーにご登録ください。: PDFセキュリティ:暗号化とデジタル署名、5月28日午前10時EDT / 4PM CET

画像
keep your data safe
セキュリティオプション

iTextがどのように役立つか

iTextを使ってデータ を保護するためには、優れたシンプルな方法がいくつかあります。 シンプルなセキュリティ、もしくはニーズに対応した組み合わせのいずれかを選びます。

当社はPDF Protector、 無料で使える iTextがどのようにして ワークフローに保護を追加できるか 査定するオンラインツールを提供します。

PDF protector
Passwords

​​​​​​Password protection allows you to share authorization for a document with people you trust. The document will be encrypted, and then can be decrypted with the correct password.

Program your document svg
Encryption

Encryption “encodes” the data in your document, so that any unauthorized users that open it will not be able to read the document without “decoding” it-usually through a Public/Private key pair or password.

Digital signatures icon
Digital Signatures

Digital signatures combine a few levels of security using both a public key and a hash to identify that this is the correct document, and that it has not been altered. Learn more about Digital Signatures on our solutions page.

pdfSweep icon svg
Redaction with pdfSweep

Remove sensitive information from a document, while still keeping the public information available for archives. This is often used for personal identification numbers, names, dates and information such as health or financial details. Our pdfSweep add-on for iText 7 allows you to remove these types of information from documents to remain compliant with regulations such as GDPR or CCPA without removing all of your archives.

iText 7を使ったPDFにパスワードを追加する

下記は、既存のPDFにパスワードを追加するコードを確認できる、簡易的な例です。

ファイルをアップロードをクリックして、アップロードするPDFのファイル名が、プライベート静的最終文字列で指定した名前と一致しているということを確認します。次に、設定するパスワードのタイプを プライベート静的最終バイト[] ユーザーパス もしくは プライベート静的最終バイト[] 所有パスで指定することで選択可能です。ご希望であれば、両方のタイプのパスワードを設定できます。

次に、 実行 をクリックしてコードを実行します。アップロードしたファイルを削除するには、ファイルの横に表示されている x をクリックします。

import com.itextpdf.kernel.pdf.EncryptionConstants; import com.itextpdf.kernel.pdf.PdfDocument; import com.itextpdf.kernel.pdf.PdfReader; import com.itextpdf.kernel.pdf.PdfWriter; import com.itextpdf.kernel.pdf.WriterProperties; import java.io.FileOutputStream; import java.io.IOException; public class PDFProtection { private static final String ORIG = "/uploads/protect.pdf"; private static final String OUTPUT_FOLDER = "/myfiles/"; private static final byte[] USERPASS = "user".getBytes(); private static final byte[] OWNERPASS = "owner".getBytes(); public static void main(String[] args) throws IOException { PdfReader pdfReader = new PdfReader(ORIG); WriterProperties writerProperties = new WriterProperties(); writerProperties.setStandardEncryption(USERPASS, OWNERPASS, EncryptionConstants.ALLOW_PRINTING, EncryptionConstants.ENCRYPTION_AES_128); PdfWriter pdfWriter = new PdfWriter(new FileOutputStream(OUTPUT_FOLDER + "Protected.pdf"), writerProperties); PdfDocument pdfDocument = new PdfDocument(pdfReader, pdfWriter); pdfDocument.close(); } }
using System.IO; using iText.Kernel.Pdf; namespace PDFProtection { public class PDFProtection { private static string ORIG = "/uploads/protect.pdf"; private static string OUTPUT_FOLDER = "/myfiles/"; private static byte[] USERPASS = System.Text.Encoding.Default.GetBytes("user"); private static byte[] OWNERPASS = System.Text.Encoding.Default.GetBytes("owner"); public static void Main(string[] args) { PdfReader pdfReader = new PdfReader(ORIG); WriterProperties writerProperties = new WriterProperties(); writerProperties.SetStandardEncryption(USERPASS, OWNERPASS, EncryptionConstants.ALLOW_PRINTING, EncryptionConstants.ENCRYPTION_AES_128); PdfWriter pdfWriter = new PdfWriter(new FileStream(OUTPUT_FOLDER + "Protected.pdf", FileMode.Create), writerProperties); PdfDocument pdfDocument = new PdfDocument(pdfReader, pdfWriter); pdfDocument.Close(); } } }

PDFセキュリティオプションを無料でお試しください。

あらゆるPDFセキュリティオプションは無料トライアルで使うことができて、サンプルを利用しながら始めることが可能です。

はじめに

コンプライアンスのためのPDFセキュリティを使用

デジタルドキュメントによって、ほとんど全ての業界において作業効率が向上します。 これには、検索可能なPDFでのアーカイブ、 ワークフローの自動化、テンプレートを使ったフォームからのドキュメントの自動作成、PDFからデータベースへの情報の保存などが含まれます。 しかし、デジタルワークフローでは、GDPR、 CCPA 、 HIPAA等の、様々なタイプの規制に準拠しているということを確認しなければなりません。  このためには、PDFに組み込まれたセキュリティ機能を使って、ニーズを満たす最適なレベルのセキュリティを簡単に設定することが可能です。  ほぼ全てのセキュリティ機能はiText 7 Coreに組み込まれているので、追加の投資を行わなくても、実装することができます。 GDPRCCPAページでコンプライアンスのサポート方法に関して確認することができます。iTextが他のコンプライアンスの問題において、どのように役立つか知りたい場合は、ぜひご質問ください!  お問い合わせまで、ご質問をお送りください。

お問い合わせ

それでも問題が解決しませんか? 

お寄せいただいたご質問には、喜んでお答えいたします。当社へご連絡ください。内容を確認次第、追ってご連絡いたします。

問い合わせる
常に最新情報を得る

11,000人以上の購読者に加わって、iTextの新しい製品、アップデート、ヒント、記述的な解決策や出来事に関する最新情報を得ることでiText PDF専門家になりましょう。

今すぐ購読