PDFの高度な書記体系

長年にわたり、デジタル文書は、カーニングや合字などの高度なタイポグラフィを使用できるフォントやフォント機能を使用して作成されてきました。通常、自動プロセスではフォント機能を活用できませんが、pdfCalligraphでは可能です。フォント機能を使用することで、PDFの可能性が大幅に広がります。

iText 7 pdfCalligraph: 主要な利点

  • 文字の正しいレンダリング

  • テキストの適切な抽出

  • 元のソース・コンテンツにインデックスを付ける機能

  • PDFの複雑な書記体系を使用可能

違いの理由: 合字

合字は、文書の世界が直面する課題です。テキストの一部が覆いかぶさったり重なったりすることで、1つ以上の文字が重なってしまうことがあります。高度なフォント機能を使用しないと、それらの文字の間に空白ができてしまい、多くの書記体系では不正確と見なされるか、新しい字体が作成され、機械では適切に元に分割できなくなってしまいます。pdfCalligraphを使用すると、元の文字を単一文字または複数文字の正しい字体に変換することも、正しい文字を抽出して文書のメタデータを使用することも可能です。 これは、PDF文書からテキスト・コンテンツをコピー・ペーストする場合や、機械で自動化したプロセスで作業している場合に有用です。

非ラテン書記体系の合字

ヒンディー語などの表記に使用されるデヴァナーガリなどの書記体系では、カリグラフィーのように流れる複雑な合字が使用されます。既製のPDFライブラリでは、これらの複雑な書体を扱うことが難しく、テキストを正しくレンダリングして抽出しようとする際、文字の再整列にも問題が生じます。pdfCalligraphでは、元のコンテンツを保持したまま正しくレンダリングし、文書内の必要な情報を保存し、テキストを機械で読み取れる形式に変換します。これにより、PDFのタグ付け、検索、インデックス付けが可能になります。これにより、新興市場で文書プロセスを自動化する機会が生まれ、またそのプロセスをアーカイブ、財務、文書作成、管理のデジタル化に対応させることができます。

さらに詳しく

iText 7製品スイート
iText 7の製品、機能、アドオンについての詳細をご覧ください。
ライセンス・モデル
ユニット単位、OEM単位、ボリューム単位、またはAGPLベースなど、ニーズに合ったライセンスをご確認ください。
旧バージョンのiText
まだiText 5またはiText 2をご使用ですか? アップグレードの詳細をご確認、ご検討ください。

実際に使ってみる

デモ版
iText 7による生産性の向上と、時間の節約を実感してください。(現在準備中)
30日間の無料体験版
iText 7の機能をアプリケーションに統合して、コンセプトを実証してください。
文書
開発者用リソースの宝庫にアクセスしてください。