PDFを使用する請求サイクルを最適化

iText Softwareのプログラム可能なライブラリは、多くの場合大量のPDFファイルの生成や編集のために、世界中の企業や組織によって使用されています。最新版のプラットフォームであるiText 7では、pdfInvoiceを使用して請求プロセスを大幅に自動化することができます。

iText 7 pdfInvoice 主要な利点

  • 人間と機械の両方に対する普遍的な可読性

  • 決まりきった文書タスクを自動化

  • 国際的に認められたPDF規格に完全に準拠

  • 信頼性の高い独自の業務環境への統合

高馬力の請求書

ドイツのZUGFeRD (「荷車を引く馬」を意味するドイツ語のZugpferdという単語に似た頭字語)規格により、人間(PDF)と機械(XML)の両方に対して理解しやすい請求書を作成することができます。この両面アプローチの利点は、PDFと請求書データをやり取りすることができるということです。大量の請求書を機械でプログラミングを使用して処理できる一方、顧客や社員たちとのやり取りに使用することもできます。この規格に準拠した請求書は、任意のソフトウェア・プラットフォームで読み取ることもできます。これにより、請求書のすべての関係者と簡単に共有することができます。1つの請求書に2つの目的を持たせるために、事前のソフトウェア投資やERPシステムの点検は一切必要ありません。また、業界を問わず導入することができます。これにより、請求書の送信、記入、署名にかかる時間を大幅に削減することができます。

PDFという魔法の箱

iTextのpdfInvoiceアドオンを使用すると、次のような種類の請求書を作成できます。PDFパッケージには、たいていの近代的なコンピューティング・デバイスで読み取ることのできるXMLデータが付属します。また、パッケージの構造はISOガイドラインPDF/A-3に準拠するため、将来も可読性を保つアーカイブ基準に従います。さらに、基準に従わない文書(XMLファイル)を添付することもできます。つまり、請求書上に記入したデータをプログラムに対して可読性の高いデータにレンダリングする、あるいは逆方向にも同様に変換することができます。

さらに詳しく

iText 7製品スイート
iText 7の製品、機能、アドオンをご覧ください。
ライセンス・モデル
ユニット単位、OEM単位、ボリューム単位、またはAGPLベースなど、ニーズに合ったライセンスをご確認ください。
旧バージョンのiText
まだiText 5またはiText 2をご使用中ですか? アップグレードの詳細をご確認、ご検討ください。

実際に使ってみる

デモ版
iText 7を使用して生産性を向上させ、時間を節約する方法を実感してください。(現在準備中)
無料の30日間体験版
iText 7の機能をアプリケーションに統合して、コンセプトを実証してください。
文書
開発者用リソースの宝庫にアクセスしてください。