製品

iText 7 Community

iText 7 CommunityはオープンソースライセンスのPDFライブラリ兼SDKであり、PDF文書をJavaまたは.NETでプログラムできます。PDFファイルの作成に役立ち、そのファイルは既製のPDFクリエイターよりも多目的で、その機能を独自のソフトウェアに埋め込みデジタル変換を行うことができます。iText 7 Coreと同じ機能がありますが、AGPLライセンスでのみ使用することができます。

はじめに

iText 7 Community

iText 7 CommunityはオープンソースのPDFライブラリで、JavaでのPDFライブラリと.NETでのPDFライブラリがあります。AGPLライセンスとの組み合わせでのみ使用できます。このライセンスに準拠するということは、AGPLに準拠したライセンスに基づいた独自のソースコードを開示する必要があり、iTextに行った変更点を開示しなければなりません。さらに、Communityバージョンでは、iText 7にあるすべてのアドオンを使用できるわけではなく、プレミアムサポートも付いていません。

How it works

To demonstrate the powerful high-level capabilities of the iText 7 library, here is a simple "Hello World!" example showing how to create a PDF in just a few lines of Java or C#:

1
2
3
4
5
6
7
public static void main() throws IOException {
        final PdfWriter pdfWriter = new PdfWriter("hello.pdf");
        final PdfDocument pdfDocument = new PdfDocument(pdfWriter);
        try (final Document document = new Document(pdfDocument)) {
            document.add(new Paragraph("Hello World!"));
        }
    }
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
static void Main(string[] args)
        {
            {
                using (PdfWriter pdfWriter = new PdfWriter("hello.pdf"))
                using (PdfDocument pdfDocument = new PdfDocument(pdfWriter))
                using (Document document = new Document(pdfDocument))
                {
                    document.Add(new Paragraph("Hello World!"));
                }
            }
        }

You can view the example output PDF from the following link:

Hello World! example PDF

メリット

iText 7 Communityを使う理由

iText 7 Communityを使用すれば、PDFの技術や標準に関して心配する必要はなく、 ビジネスニーズや 文書内容に 集中することができます。同時に、開発チームは 内部にある PDF構造にアクセスでき、必要なPDFオブジェクトの読み込み、挿入、更新、削除が可能になります。 さらに、 リソースセンターに豊富にある最新の技術文書を活用できるメリットが得られます。

 

Focus on the high level, business logic

iText 7 Core icon svg

High-level APIs allow you to keep focus on your business logic and document content as iText 7 Core/Community offers an abstract document model.

内部のPDF構造を利用して、下位レベルにフォーカス

iText 7 Core icon svg

低レベルAPIは、内部PDF構造にフルアクセスできるので、PDF文書の読み込み、 挿入、更新、削除が可能になります。

PDF国際標準に適合

iText 7 Core icon svg
  • PDF:PDF 1.x、PDF 1.7(ISO 32000-1)、PDF 2.0(ISO 32000-2)(iText 7.1以降)。

  • アーカイブ:PDF/A-1、PDF/A-2、PDF/A-3(ISO 19005-1、ISO 19005-2、ISO 19005-3、すべての レベル)。

  • アクセシビリティ:PDF/UA(ISO 14289-1)。

  • デジタル署名:PAdES(ETSI EN 319 142 / ETSI TS 102 778)。

  • 電子請求書:ZUGFeRD。

主な特徴

iText 7 Communityのコア機能

iText 7 Communityは、シンプルで高性能、 そして拡張性のあるライブラリなので、現在におけるデジタル文書のワークフローの課題に 今すぐ対処することができます。 

iText 7 Communityのコードライブラリをアプリケーションに埋め込み、 必要な種類のPDFファイルを作成します。大量のファイルを 自動的に作成してデジタルアーカイブに追加する場合や、 お客様向けのキャンペーンフォームを設定する場合であっても、 iText 7であればきちんと処理できます。

モジュラー構造と直感的API

Core capabilities development icon

iText APIは、Javaおよび.NETプログラミングに対する将来の拡張性を提供しています。iTextのPDFエンジンは、豊富な文書と事例を用いて簡単に学習できます。

Up to date

Core capabilities development icon

iText 7 Core/Communityでは、ブックマーク、PDF名、PDF文字列、パスワードなどにUnicodeを使用しています。最新式のハッシングアルゴリズムと暗号化アルゴリズムにより、デジタル署名、文書セキュリティ、数ギガバイトのファイルや極端に大容量の文書への対応が可能になりました。

カスタマイズ可能・拡張可能

Core capabilities development icon

Java 及び.NET用 PDFライブラリは すぐに使える使いやすい機能のみならず、 ニーズに合わせて拡張・カスタマイズができる柔軟性も備えています。iText 7 Core/Communityでは、統合のしやすさとオープンスタンダードに重きを置いています。

オープンソースのアドオン

Core capabilities development icon
  • pdfHTML:HTMLをPDFへ変換
  • pdfSweep:PDFのデータを削除
  • pdfDebug:PDFをリアルタイムでデバック
お問い合わせ

それでも問題が解決しませんか? 

お寄せいただいたご質問には、喜んでお答えいたします。当社へご連絡ください。内容を確認次第、追ってご連絡いたします。

問い合わせる
常に最新情報を得る

11,000人以上の購読者に加わって、iTextの新しい製品、アップデート、ヒント、記述的な解決策や出来事に関する最新情報を得ることでiText PDF専門家になりましょう。

今すぐ購読