製品

pdfSweep

口座番号、マイナンバー番号、社会保障番号など、個人に関するセンシティブな情報が含まれているPDFの請求書や文書をお持ちですか?この情報を削除して、追跡できないようにしたいですか?pdfSweepであれば可能です。 pdfSweepはiText 7の拡張機能で、確実かつ安全な方法でPDF文書の情報を削除(編集)することができ、Javaまたは.NETで書かれています。pdfSweepをクローズドソースで使用する場合には、iTextの商用ライセンスを購入する必要があります。

メリット

iText 7 pdfSweepを使う理由

コンテンツをただ隠すのではなく、削除します。テキストのみならず画像も編集するので、徹底した機密保持が実現できます。

データを安全に保つ

pdfSweep icon svg

PDF文書を 開示する前に機密情報や個人情報を削除することができ、 「黒線」での編集と同等のデジタル処理などを使用します。

柔軟なオプション

pdfSweep icon svg

社会保障番号、日付、IPアドレスなど、一般的なケース用に 事前に定義したパターン一式と一緒に正規表現を使用して、文書全体の編集を自動化します。 座標を用いてカスタム編集領域を定義し、 その中にあるコンテンツを削除します。

主な特徴

iText 7 pdfSweepのコア機能

pdfSweepでは、iText 7の文書スタンプとウォーターマークツールを用いてPDF文書を編集する際に介入します。pdfSweepでは、センシティブなテキスト上にデジタルの「黒線」を追加した後、文書のレンダリング指示を変更し、隠したコンテンツが抽出できないようにします。これはテキストにも画像にも動作するので、 文書のセキュリティが徹底的に向上します。さらに、pdfSweepは5行のコードしか使っていないので、PDFワークフローへの統合に頭を悩ませることはほとんどありません。

語句を自動的に削除

Core capabilities development icon

正規表現などのパターンに基づいて、文書からテキストの一部分を分割、マージ、削除します。

削除領域のカスタマイズ

Core capabilities development icon

デジタル黒線のように、必要に応じてコンテンツを削除する機能を提供します。

安全かつ信頼できる削除

Core capabilities development icon

pdfSweepは、PDF文書の表示や印刷を行う際にレンダリングする外観の上で、基礎となるレンダリング命令とデータ構造も処理して、削除した情報が回復不可能であることを確保します。

テキストと画像を部分的に削除

Core capabilities development icon

編集領域がコンテンツを部分的に覆っている場合、選択した領域のテキストや画像を削除することができます。

満足していただいているお客様

Quote
We chose the iText library because it was the only solution that allowed easy integration into our open standards architecture.

Quote
With iText we have the peace of mind that we are delivering a solid solution to our client.

Quote
iText is a breeze! Using a proven and tested PDF technology helped us to focus on what we do best — building a high quality mobile app.

お問い合わせ

それでも問題が解決しませんか? 

お寄せいただいたご質問には、喜んでお答えいたします。当社へご連絡ください。内容を確認次第、追ってご連絡いたします。

問い合わせる
常に最新情報を得る

11,000人以上の購読者に加わって、iTextの新しい製品、アップデート、ヒント、記述的な解決策や出来事に関する最新情報を得ることでiText PDF専門家になりましょう。

今すぐ購読